婦人

中国輸入代行を依頼して仕事の効率化を目指そう|仕事が成功する方法

複数のユーザーで共有

IT

シェアリングシステムについてとその注意点

「シェアリングシステム」それは、1つのものを複数の人間で利用できるようにするシステムのことです。 主に「TSS(タイムシェアリングシステム)」など、1台のコンピュータを複数のユーザーで同時使用できるよう、CPUの処理時間を分割するシステムなどで使われる言葉です。では、TSSがどういうものかというと普段、我々がコンピュータを使用する際、常にCPUを使う作業をさせているわけではありません。入力と入力の間の時間などの、なにも処理をしていない瞬間があります。この間に、余ったCPUの余力を他のユーザーで利用することで、より効率的に作業を進めることができるというシステムです。 このように、とても便利で優秀なシェアリングシステムですが、注意が必要な点があります。まず、常にCPUに仕事をさせることになることです。複数のユーザーがかわるがわる使う以上、負荷のかかる時間は個人の利用よりも多くなります。また同様に、仕事をさせすぎることで処理が重くなる場合もあるでしょう。いくら自動的に効率の良い形で作業ができたところで、これでは本末転倒です。CPUの能力と実行させることを把握した上での運用を心がけましょう。

知っておくと得すること

シェアリングシステムは何も、TSSだけではありません。他にも様々な形のものがあります。例えば「ロードシャリングシステム」があり、 システムを同じとするものを2系統用意し、平行に処理させることで負荷を分散させるシステムです。「PCシェアリングシステム」は1台のPCを複数のユーザーで共有可能にすることで、PCの設置に伴うコストを最小限にできたり、リソースを最大限活用できたりするシステムです。このように、一言にシェアリングシステムといってもたくさんのものがあり、そのどれもが「今の作業をより効率的にするには」といった考えから生まれたシステムになっています。そのためユーザーが何をしたいか、また何をさせたいかということを、より少ない労力とコストで実現できるのです。こういったシェアリングシステムの存在、そしてそれらの利用価値を知ることで、今している作業が格段に効率のいいものになるかもしれません。いずれかのシェアリングシステム、一度組みこむことを考えてみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2016 中国輸入代行を依頼して仕事の効率化を目指そう|仕事が成功する方法 All Rights Reserved.